ゆおねろぐ

ただのメモ帳

ブログトップ

リンクフリー。ただし無断転載は禁止。
実質メモ帳みたいなものなので追記、編集をどんどん行います。
なので気づいたら文面が変わってることが多々あります(ぉ

星のドラゴンクエスト(星ドラ)のメモ中心。
星ドラ無料福引結果のメモは2021年内まで。

ツイッター
http://twitter.com/#!/yuonero
大したことはつぶやきません(ぉ


ダビスタP関連
しっかり配合組み合わせhttp://yuonelog.hatenablog.com/entry/20000922/969548400
配合集(既存)http://d.hatena.ne.jp/yuonero/20000923
配合集(自家)http://yuonelog.hatenablog.com/entry/20020101/1009810800
生産馬パスhttp://yuonelog.hatenablog.com/entry/20000924/p1


星ドラ福引メモ
星のドラゴンクエスト メモ - ゆおねろぐ


コメントはブログトップ(ココ)にはせず、各日付の記事にお願いします。
こちらへされたコメントは、一定期間後に削除します。ご了承ください。

2022/05/15

[競馬]2022ヴィクトリアマイル

1着:ソダシ(父クロフネ
2着:ファインルージュ(父キズナ
3着:レシステンシア(父ダイワメジャー


年始から1番人気が7連敗中の2022年GI戦線。GI馬は集まったものの近走勢いを欠く馬が多く混戦か。
1番人気は昨年の大阪杯馬レイパパレが4.1倍だが、勝った大阪杯以降6戦勝てておらず。
以下人気はソングラインとファインルージュが5.4倍で並び、ほとんど差がなくソダシ。
少し離れてデアリングタクトまでの5頭が単勝10倍未満でオッズ面でも混戦の気配。
揃ったスタートから押して最低人気のローザノワールが行くのを見てレシステンシアは2番手に控える。
レイパパレとソダシが3-4番手につけ、デアリングタクトも先行。ソングラインは中段を追走。
マイペースの逃げを打ったローザノワールがリードを保って直線に向き、レシステンシアが追う。
その内をソダシがじわじわと伸びて先頭に立つと力強い走りで2馬身の差をつけてGI3勝目。
後続も殺到し2-3着争いは大接戦。ファインルージュがレシステンシアをわずかに交わして2着。
レイパパレは12着に大敗し1番人気の連敗は継続。

[ウマ娘]

育成がまったく捗らず。1日に1~2周くらいしかできてない。モチベが…

2022/05/08

[競馬]2022NHKマイルカップ

1着:ダノンスコーピオン(父ロードカナロア
2着:マテンロウオリオン(父ダイワメジャー
3着:カワキタレブリー(父ドレフォン)


波乱の多い2022年GI戦線。当レースも抜けた馬がおらず混戦模様か。
1番人気は3.9倍のセリフォス。2番人気インダストリアが差がなく4.0倍で続き。
3番人気マテンロウオリオンが6.8倍、4番人気ダノンスコーピオンが7.1倍でこちらもわずかな差。
スタートでジャングロがバランスを崩し後方から。人気勢は中団~後方を進む。
速いペースで引っ張ってきたトウシンマカオが直線でも粘るが、ダノンスコーピオンが脚を伸ばして交わす。
後方からマテンロウオリオンとカワキタレブリーが大外を通って追い込んでくるが届かず。
先に抜け出したダノンスコーピオンが押し切って勝利。最低人気カワキタレブリーが3着に入って大波乱。

2022/05/01

[競馬]2022天皇賞(春)

1着:タイトルホルダー(父ドゥラメンテ
2着:ディープボンド(父キズナ
3着:テーオーロイヤル(父リオンディーズ


稍重での開催。
1番人気は阪神大章典勝利からのディープボンド。2番人気タイトルホルダーは日経賞勝利からの臨戦。
以下阪神大章典2着のアイアンバローズ、ダイヤモンドS勝利から臨戦のテーオーロイヤルまでが10倍未満。
スタート直後にシルヴァーソニックが落馬。押してタイトルホルダーが先頭に立ち、ディープボンドは4番手。
タイトルホルダーが前半を速めのペースで引っ張るが、中盤にはペースを落として後続を引きつける。
そのまま先頭で直線に入ると、もたつく後続を尻目に差を広げ7馬身差でタイトルホルダーが圧勝。
ディープボンドは前で粘っていたテーオーロイヤルを交わすのが精一杯の2着。

[ウマ娘]

ガチャチケットで勝負服テイオー(重複)が来たので、流れが来ているかと10連4回。
和装シチーとチアネイチャをお迎え。

タウラス杯2回目は1回目と同じ東京芝2400。紅焔ギアがいい位置で発動するので逃げ先行が優勢か。

2022/04/27

[ウマ娘]アリエス杯決勝

2位。
メンバーはクリオグリにライアン、デバフ役にルドルフを編成。
相手は2人とも逃げ2+クリオグリの編成で絶望。一番無理なやつ。
案の定ポジション争いで負けて7、8、9番手の100%勝てない展開。
好位追走もタキオン固有もアナボリも彼方も全部出ないやつ。
ということでスキップしたら4着。だったが1-3着独占されてたので2位。

チャンピオンズミーティング1周回ってプラチナは5つ。
とはいえ最後に勝ったのはスコーピオ杯だから5連敗か。
ゴールドが4つ、シルバーが2つ、タウラスは称号獲得条件がバグってたので無称号。

2022/04/24

[ウマ娘]アリエス杯ラウンド2

ラウンド2初日は3勝→5勝→3勝→4勝。
クリスマスオグリとバレンタインフラッシュに、グラスより速度デバフが揃ったルドルフの3人。
フラッシュが1勝、残り14勝はオグリ。
オグリが負けたのは、
・垂れた逃げによる前ブロック
・栄養補給or好位追走の最遅発動が固有のトリガーになって接続不発
・リードを保った逃げに届かず
・クリオグリに前を取られたまま終盤に入り届かず
・固有不発
という感じ。
接続不発は懸念してた内容が出てしまった格好。
これがあるから栄養補給や好位追走じゃなくコーナー回復や軽やかステップが欲しかったんだが…

注目の踊り子は大外で最速発動したら序盤のポジション争いでかなり強い。
でもそんなパターン40戦で2回しかなかったけど。

2022/04/23

[ウマ娘]アリエス杯ラウンド1

2日目は5勝→4勝→3勝→3勝。といっても3、4エントリー目はクリスマスオグリを外しての結果。

1エントリー目でパワー型オグリが全勝、2エントリー目は固有不発で3着になった以外4勝。
パワー型クリオグリは20戦して17勝の好成績。ラウンド2でどうなるか…

3エントリー目はライアンが3勝。
4エントリー目はライアンとドトウとフラッシュが各1勝。

2022/04/22

[ウマ娘]アリエス杯ラウンド1

1日目は2勝→3勝→5勝→5勝。とはいえ深夜帯の3、4エントリー目は相手関係がやさしすぎた。
バレンタインフラッシュとグラスの独占力コンビは固定して、クリスマスオグリは3パターン試してみた。

1エントリー目の序盤力型は1勝止まり。序盤で前に出ても中盤で抜かれて抜き返せず。
2エントリー目の賢さ型は2勝。序盤で前に出られると抜けず。
3、4エントリー目のパワー型は8勝。特に4エントリー目は全勝。残りの2勝はどちらもフラッシュ。

1、2エントリー目と3、4エントリー目では相手関係が違いすぎて鵜呑みにできないのが正直なところ。

巧みなステップが序盤で前に行くためにいい働きをしている感触がある。
効果を勘違いしてたけど、レーン移動速度アップじゃなく加速だったのね。
そのせいで代用として注目の踊り子を取ってしまったが、そりゃ全然機能してる感じがないわけだ。

2022/04/17

[競馬]2022皐月賞

1着:ジオグリフ(父ドレフォン)
2着:イクイノックス(父キタサンブラック
3着:ドウデュース(父ハーツクライ


ディープインパクトキングカメハメハ亡き後の中心種牡馬はどの馬になるかを占う皐月賞
結果は1着ジオグリフ、2着イクイノックスと新種牡馬産駒のワンツー。
ジオグリフの父ドレフォンはストームキャット系×デピュディミニスター系のアメリカン血統でスプリンター。
ジオグリフの母父はキングカメハメハだが、ダービーの2400は果たしてどうか?
イクイノックスは父キタサンブラックで母父キングヘイロー

[ウマ娘]

クリスマスオグリは一応の及第点。
パワーがちょっと足りない感じはする(1083)が、賢さ1200で中距離S良バ場の鬼ノンスト真っ向勝負揃った。
4つ目の回復スキルを好位追走にせざるを得なかったので、残り2枠は後方脚質か。

レーシングカーニバルはイベントスキルのレベル上限が3に下がり、ポイントボーナスがなくなった。
…ポイントボーナスがなくなってるのに気付かずにレベル3スキル持ちを育成してしまったけれど。
今回のイベントでルドルフのピース回収が加速して、解放がアリエス杯に間に合いそう。
育成が間に合うかは別問題だけど、独占力枠の選択肢が増える。

[星ドラ]

やってはいる。